鍵が見つからなかったので交換してもらいました

前日にキーケースごと家の鍵を紛失してしまって鍵屋さんに鍵を開けてもらったのですが、家中探してもやはりキーケースは見つからず、もし悪意のある人に拾われていたら怖いと思って家の玄関の鍵を交換してもらいました。前日にもし鍵が見つからなかった場合は鍵ごと交換した方が良いと言われていたので、素直にそれに従うことにしたわけです。

鍵の交換は前日に鍵を開けてもらった鍵屋さんと同じ鍵屋さんにお願いしました。事情を知っているところの方が余計な手間が掛からなくて済むと思ったのと、鍵を開けてもらった時に連絡先が書いてある名刺を貰ったのですぐに連絡できると思ったからです。一から他の業者を探すのは面倒臭いと思いましたし、選んだ業者が良い業者だという確証はありませんので前日に対応が非常に良かった同じ鍵屋さんにお願いした感じです。

鍵の交換ですが、自宅に元々付いていた鍵は古い物だったので、これを機に新しいタイプの物に変えてもらいました。と言っても最新式の物というわけではありませんが、ピッキングなどの犯罪に強い物だという事です。それにしたからといって必ず空き巣などの犯罪を防げることは無いようですが、その可能性は非常に低くなるようです。ですので、鍵を無くした事で将来的に犯罪に会うリスクを多少でも減らせたことになります。前日に鍵を開けてもらった物にプラスして鍵の交換をお願いしたわけですからそれなりにお金が掛かりましたが、そう考えると無駄ではなかったのかなと思います。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*