暗証番号式の鍵

それほど頻繁に無くすわけではありませんが、数年に一度は鍵を無くすことがあって、その都度家に入れなくて困っていました。何度も鍵屋さんを呼ぶのも恥ずかしいですし、思い切って玄関の鍵を鍵がいらない暗証番号式に交換してもらいました。指紋認証と迷ったのですが、家の玄関の鍵で指紋認証はちょっと大げさかなと思ったのと、スマホなどの指紋認証も反応しない事が多かったので暗証番号式の方にしました。

交換すると簡単に言っても素人には無理そうなので、ネットで調べて鍵屋さんにお願いする事にしました。家の玄関用の暗証番号式の鍵は案外メジャーなようで、取り扱いのある鍵屋さんはけっこう多かったです。ですが、一応確認したらいつも鍵を無くした時に来てもらう鍵屋さんでも取り換えが可能だという事で今回もお願いする事にしました。鍵の取り換え、しかも暗証番号式のようなハイテクなイメージがある物は案外大きな会社しか交換が出来ないと思っていたので意外でしたが、馴染みの鍵屋さんだったので安心して依頼する事が出来ました。

鍵を変えてもらっての感想ですが、鍵を無くす心配が無いというのは精神的に案外良かったです。暗証番号を忘れてしまって開かなくなるという心配はありますが、その心配は鍵を無くすより遥かに低いです。年を取ったらどうか分かりませんが、暗証番号の桁数も少ないので今のところは家族全員そういった心配がありません。ですので、交換してもらって良かったと思っています。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*