鍵を失くすのを防ぐためには?失くした人からのアドバイス

私の鍵トラブルは道に鍵を落としたことです。 職場から家に帰り、鍵を取り出そうとすると、バックの中に鍵がないことに気づきます。バックの中をいくら探しても鍵はみつかりません。どこかに忘れたのかと思い、職場に戻り、思い当たる場所を探します。それでも鍵は出てきません。心なかで「本当にどこいった?」「どうしてないんだ?」と頭の中で考えます。もしかしたら、帰りながらの道で落としたのかと思い、スマホのライトを使いながら探すと、道端に落ちていました。 見つかった瞬間、あることを思い出しました。職場に帰る途中に、私は提出書類のことを思い出し、バックの中を探しました。探している途中で「立ちながらだと探しにくいなぁ」と思い、バックを一旦置き書類を探すことにしました。そのときにバックの中を整理もしていたので、鍵がバックから落ちることに気づきませんでした。私の鍵には鈴がついていたので、立ったままバックから鍵が落ちたらすぐに気づいたかもしれません。 タイミングが悪いというか、なんというかこの何とも言えない気持ちを抱えながら、家に帰りました。見つかったことは嬉しかったのですが、自分自身の不甲斐なさで心がいっぱいになる体験でした。 この体験から、私は物の整理はしっかり行うべきだと学びました。このトラブルはバックの中がしっかり整理できていれば、防げたトラブルです。私は普段から物をあちこちに置いてしまうことが多かったので、この体験をしてからしっかり整理するようになりました。それからというもの、物を落とすことはなくなり、仕事でのミスも激減しました。 自分の中でしっかり意識するだけでも、多くのトラブルは防げることを知りました。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*