未分類

私の人生に変化をくれたコスケさん

2008年、私が動物に好かれるきっかけになった年です。
今から10年以上前のことですが、当時付き合っていた彼女が犬を飼っていました。柴犬で名前はコスケです。
それまでの私は道で犬とすれ違うと必ず威嚇されていました。私から警戒すべき何かが出ていたのかもしれませんが、理由はわかりませんでした。
付き合い始めてから1ヶ月ほど経って、私は初めて彼女の家(実家)に行きました。もちろん御両親がいらっしゃいます。そしてコスケです。写真ではよく見せられていたコスケですが、吠えられないかが御両親への挨拶以上に気掛かりでした。

コスケは初老で、落ち着いた雰囲気で私に近付いてきました。私へと警戒心は感じられず、クンクンとして去って行きました。人生で初めて吠えられなかった私は、尊敬を込めて「コスケさん」と呼ぶことにしました。
彼女の家に行ったとき、コスケさんと散歩をするのが日課になりました。コスケさんも私か行くと喜んでくれて、「ボフッ!ボフッ!」と嬉しは全面に出さないけど嬉しいことに変わりはない的な挨拶をしてくれました。

彼女とは1年ちょっとで別れました。
コスケさんとも離れ、散歩中の犬を見るとちょっぴり懐かしく感じました。
ふと気付いたのが、私は犬とすれ違っても吠えられなくなっていたのです。おまけに猫ともすぐ仲良しになったりします。
コスケさんは、私の空気感を変えてくれたのかもしれません。

2010年、コスケさんは天国に行きました。コスケさんと出会えたことは、私にとってとても大きな出来事でした。

愛犬との悲しい別れ

私が小学生の頃から飼っていた愛犬が14歳でこの世を去りました。
それは人生で初めてと言って良いほどに辛く悲しい別れでした。

たくさんの笑顔をくれた大切な家族ですから最後まで愛情をもって見送りたく個別で火葬を行ってくれる霊園でお別れをすることにしました。
「24時間いつでもご連絡下さい」という事でしたので実際に夜中に電話しましたがしっかりと対応していただき葬儀の予約をお願いしました。
担当の方が朝早くからお迎えして下さり、愛犬に「14年大切にしてもらったんだね、可愛いね、綺麗にお手入れしてもらってたんだね」と優しく話しかけてくれました。

まずは僧侶の方がお経をあげて下さいました。

それから折り鶴にみんなでメッセージを書き込みたくさんのお花と一緒に棺桶に納めていきました。
その際、愛犬の好物だったオヤツやおもちゃも一緒に棺桶に入れてもよいとの事でその通りに納めさせていただきました。

中々お別れが出来なく愛犬を抱きしめて泣き崩れる私を急かすこともなく気の済むまで一緒にいさせてくれました。

そして火葬が終わり大切に骨壺に納められた愛犬を抱き締めた時に自分の中でも気持ちの整理が付きました。

きっと自治体にお願いしていたらこんなに手厚く対応してくれなかったでしょうし、後悔もたくさんしたでしょう。
現実問題としてペット霊園での葬儀はそれなりの費用がかかります。

それでもこちらの気持ちに寄り添って下さるのでお願いして本当に良かったと今でも感謝しています。

犬なのに飼い主にそっくりな性格

私が9歳の頃、友達からもらってきた赤ちゃんの雄犬でした。

うちの家族は名前を考える才能はなく、簡単に「コロ」と名付け、まだ元気に走り回る感じではなく寝てばかりいる様子を家族で「可愛いね」と見守っていた記憶があります。

最初からドッグフードは食いつきが悪く心配もありましたが、家族で試行錯誤の末、少しずつ食べてくれるようになりホッとしたりと、コロ中心の毎日でした。

学校から帰ってきたら喜んで走ってくる姿に家族全員癒されていました。そんなコロですが、私の友達が遊びに来た時など、突然怒り出す時がありました。

そのうち時々が絶対になり、そうかと思えば大人にはそんな事はなく、すごい甘えっぷり・・・。その頃は私も小学生でしたので、なんでかな?コロは子どもが嫌いなのかなと思っているだけでした。

ただ、自分が大人になった時に気づきました。私も同じだという事に。もちろん、私は子どもが嫌いな訳ではありませんが、子供の頃から自分より小さい子供より、どちらかと言うと年上と遊ぶ方が楽しかった記憶があります。

大人になった今も年下より年上の友達の方が多かったり、機嫌が悪くなるタイミング等、考えれば考えるほど私とコロはそっくりでした。

コロは13年生きて亡くなりましたが、最後までコロはコロのままでした。おじいちゃんになっても子供が撫でにくるとあまり機嫌がよくなく、大人に撫でられると気持ちよさそうにしていました。きっと天国でも大人に尻尾を振っていると思います。

親戚の家で飼っていた犬が大好きでした。

小さい頃、親戚の家で飼っていた雑種の犬のコロが、すごく大好きでした。コロが赤ちゃんの頃から遊んでいたから、コロも私のことを愛してくれていました。

親戚の家で退屈なときには、いつもコロとお散歩したりして、遊びました。お散歩に行くと嬉しそうに、私のほうを見て喜んでくれました。犬って本当にかわいいなーと思いました。

おやつには、いつもソーセージをあげました。ソーセージを一口サイズに切ってあげていました。とっても嬉しそうに食べていてかわいかったです。

あるとき、私が菓子パンを食べているとコロが欲しがり、菓子パンを食べさせると、3口ぐらいで、ペロッと食べてしまいました。ビックリしました。

それからは、いつもコロに会うときは、菓子パンを持っていきました。いつも嬉しそうに菓子パンを食べていました。

私が帰るときは、いつも寂しそうに鳴いていました。私もコロと別れるときは、寂しかったです。犬って見た目も本当にぬいぐるみみたいでかわいいし、とってもなつくから、大好きでした。

犬好きの人が犬を可愛がる気持ちがとっても理解できます。本当にしぐさや見た目がとってもかわいいんです。

親戚の家は、コロとの想い出がつまっています。コロは、私が高校生の時に亡くなってしまったけど、あたたかい想い出が残っています。

幼いときから一緒に遊んだコロとの想い出は、とっても大切な想い出です。犬を街で見かけると、いつもコロを想い出します。とっても大好きでした。

 

 

 

小倉北区でペット火葬・ペット霊園をお探しなら桜プレミアム

飼い犬との思い出

私はこれまで犬を2匹飼った事がありまして、最初の犬は3歳のときに、突然死んでしまいました。その時、私は20歳頃の事で、地元の業者に処分を依頼した事を覚えています。

それから、3年後、子供がペットが欲しいと新しく犬を購入し、それからというもの、家族の一員の様に、その犬をかわいがってきました。ミニチュアダックスフントでしたので、部屋の中で飼う事も出来、また人にもよく慣れたうえ躾も受け入れて、好ましい犬でした。

そんな犬が、10年位経った時に、脊椎のがんになり、しばらくは介護で支えましたが、程なくして死んでしまったのです。

通常、荼毘に付すとなると、市営の火葬場に持っていく事は、前の犬で知っていまして、その方法も、犬の体重を量って料金が決められる非常に残酷なものでしたので、葬儀はしっかりやってあげようと言う事で、ペット専門業者に依頼をしてお葬式を行って頂いたのです。

人間の葬儀と言うと、お経を上げたり、戒名を掲げたりとなるのですが、そこまで、大規模なものではないのですが、犬の遺影を作り、家族全員でお祈りする場が作ったのです。

そんな時、元々犬仲間は何人かいたのですが、その仲間も来てくれて、中には犬も連れてお悔やみに来てくれる人までいました。花を手向け、犬用のガムなども供えてくれ、葬儀ができました。

結局その後は、ペットの処分場に持ち込み焼却となったのですが、最後に皆で送り出す事が出来たのは嬉しかったです。

本名と別名で暮らしていたうちの犬

小学校の時に飼っていた雑種の白い犬に「くるみ」と名前を付けました。おとなしい犬だったので、鎖に繋がれずに近所を徘徊する生活でした。

近所のおばさんたちはみんな私のイヌのことをかわいがってくれていて、幼馴染のお母さんがスーパーに行くときは必ず後をついて、ハムを買ってもらったり、チーズを買ってもらったりしておやつを与えてもらっていました。

いつも行く散歩の道が決まっているようで、決まった時間に出て行っては決まった時間に戻ってきます。

ある日、私はうちの犬がどんな散歩をしているのか気になって後をつけてみることにしました。

家の小屋からでると通りをさっさとわたり、5ブロック先の病院の裏玄関のあたりめがけて走っていきました。

するとその裏玄関のドアの前にイヌ用のお椀がひとつ。

まさか?と思ったら、中から看護婦さんが出てきて、「白ちゃん」と声をかけながらドッグフードの缶詰をお椀に入れたんです。

白ちゃん?うちの犬別名がある!

私が混乱しているうちにドックフードをペロッとたいらげ、国道を横切ります。するとそこには車の修理工場があり、慣れた足並みで消えて行ったのです。

工場の壁越しに覗くと、中で工場の整備士さんたちが「マリリン」と呼んで、お菓子をあげているじゃありませんか?

呼ばれるたびにしっぽを振って嬉しそうにお菓子をたべるうちの犬をみて吹き出しそうになりました。

お菓子に十分満足すると、そそくさと工場を後にし、どうやら帰宅するようです。

1ルート1時間もかかっていませんが、国道も車に引かれることなく上手にわたり、2つも別名をもって世の中も上手くわたってるんだなあと感心しました。

ご飯のことになると目の色が変わる犬

うちの飼い犬はいつも穏やかで、落ち着いた犬でした。すごく温和なのか、子供にいたずらされても、素知らぬ顔をしていられるようなどしっと構えた犬なのです。

おかげで大型犬とは思えないほど、子供たちに人気がありました。

いつもはこのようにすごく穏やかな犬なのです。しかし、この犬は一つだけ目の色を変えるときがありました。それがご飯のときなのです。

目の前にご飯を出すと、うちの犬は目の色を変えて必死に食べます。うちはドックフードではなく、普通のおかずみたいなのをあげていたのですが、エサ箱をペットの前に置くとものすごい勢いで食べ始めるのです。

別に私が餌をやり忘れていつも空腹にさせていたわけではありません。むしろおやつもあげていて、どちらかというあげすぎくらいご飯を与えていました。

それなのにエサの入れ物を目の前にすると、すごい勢いで突っ込んできて、必死にエサを食べるのです。その姿はいつみてもすごかったです。顔が怖かったですからね。

そんな犬との忘れられない思い出は、ちょっと冗談で待てを引き延ばしていたせいで、かみつかれそうになったことでした。

ちょっと冗談のつもりで、長く「待て」をしていたんですね。

食い意地が張っているので、どうにか我慢させることを覚えさせたかったというのもあります。そしたらいきなり「があっ」とペットに手を噛まれそうになり、慌てました。

それ以来、エサをやるときはいじわるせず、なるべくちょっかいをかけないようになりました。