admin

鍵修理の窓口に依頼できて良かった内容について

私が、鍵修理のトラブルで鍵修理を出して非常に良かった内容としましては、まずは、鍵修理の窓口さんが、あらゆる鍵のトラブルについて、対処して頂けることでありました。鍵修理のトラブルとして非常に良かった内容としまして、まずは、基本プランでのご案内として、最短10分で駆けつけてくださると言う点でありました。とにかく鍵を無くした時、紛失した時としましては、慌てることが基本であるのですが、鍵を紛失した時に、まずは、ユーザーを動揺させない一言を頂ける点が大変素晴らしいと思いました。鍵修理の窓口さんの場合で素晴らしい内容としましては、見積り、出張費用が0円であることが良いと思いました。他にも、解決費用について、凄く頼もしい価格内容として、2200円~での修理内容が素晴らしいと思える内容でありました。他にも、鍵のトラブル別費用が掲載されておりますので、鍵のトラブル別費用について、様々な事例を把握しながら、料金につきましても、大半が一律で2200円~と言う良心的な価格設定になっている点が素晴らしいと思えました。高額と思われる案件でも私からしましたら、良心的な価格内容であると思いました。その価格内容としては、鍵を変えたい場合は、5500円~の修理費用で良いこと、鍵を付けたい場合は、9900円~での内容で、更にウェブに掲載されている2ヶ所以上の交換箇所につきまして、ウェブ限定割引での3000円オフが適用されることは凄く良いと思えました。

真冬に車から締め出され…?【鍵トラブル】

私は豪雪地域に住んでいる主婦です。 あれは忘年会シーズンのことでした。 前日から雪がしんしんと降り、国道の除雪も間に合わないくらいに積もっていた日、会社の忘年会がありました。 自分の車を運転して忘年会の会場に来ていた私は、お酒は飲まずに美味しい食事だけを楽しみ、忘年会の終了と共にすぐに帰宅する予定でいました。 忘年会が終わり、コートとブーツを身に着け車まで歩き、鍵を開けて車内にバッグを置き、車の上に積もった20cmはあるかという雪の壁をおろす作業に入りました。 程よく汗をかきながら車の上の雪を全ておろし終わった後、車内に入ろうとドアを開けようとした瞬間…? 「ガチャ」 車に鍵のかかる音がしたのです。 雪かきの道具を取るために、鍵は開けているはずです。 そして車内にバッグを置いたはずです。車のキーも、バッグと一緒に車内に置いたはずです。 キーに触ってもいないのになぜか自然と鍵がかかったのです! 雪が降りしきる極寒の外、綺麗に雪下ろしをしたが中に入ることができない車を目の前に、ただ立ち尽くすことしかできませんでした。 ふと、家族に電話をかけて助けに来てもらおうと思いつきました。 が、すぐに意気消沈。 なぜなら、携帯電話もバッグに入ったまま、バッグは鍵のかかった車内にあったからです。 誰にも連絡できず、身一つで真冬の極寒の夜に立ち尽くす私は、泣きそうになっていました。 幸い、忘年会帰りの知人が通りかかり携帯電話を貸してくれたため、家族に連絡が取れて迎えに来てもらえ、凍えて倒れることは回避できました。 後日、車を修理に出すと、どうやら勝手に鍵がかかった原因は「結露」だったとのことです。 暖房の効いた暖かい車内で鍵周りの雪が解けて水滴になり鍵穴に入り、極寒の外に駐車したことにより水が凍り、鍵が常にロック状態になることがあるのだそう。 豪雪地域に住む皆さん。 外に駐車する時は必ず「鍵穴の凍結防止スプレー」を持ち歩いてくださいね。

鍵を紛失し 鍵トラブル会社に電話

仕事で毎日忙しくしていたので、その時の疲れていたと思いました。家に帰る時に、バッグをしっかり持っていたと思うのですが、家に到着した時になんと自宅の鍵がないのです。その時は、顔が真っ青になりました。鍵がない時ほど、辛いことはないと思っています。放心状態となり、実感に電話をしてどうしたらいいのかと聞く事に。母親が出て、鍵トラブルを対処してくれるところに電話をすると、直ぐに対処してくれるよということを言ってくれました。本当に直ぐに対処してくれるのでしょうか。その時は、夜なのです。しかし対処してもらえないと、本当に困ります。
そこで、そのトラブルを改善してくれるという鍵トラブル会社に電話をすることにしました。電話をすると、直ぐに出てくれて住所を伝えると今から直ぐにきてくれるとのこと。本当に泣きたいほど、ありがたいと思ったほどです。こんなに助かったと思う気持ちになったことは、ありませんでした。そして電話で話をした通り、直ぐに駆けつけてくれました。防犯で紛失してしまったので怖いと思ったので、従来のものはやめて交換をしてもらう事にしたのです。時間がかかると思ったのですが、そんなに時間がかかることもなくさっとしてもらえたので、感謝しています。
家の中に入ることが出来て、とても助かりました。その時、このようなトラブルに対処してもらえるところがないと思うとゾッとします。本当にあって良かったです。安心して暮らせると思いました。

鍵を失くすのを防ぐためには?失くした人からのアドバイス

私の鍵トラブルは道に鍵を落としたことです。 職場から家に帰り、鍵を取り出そうとすると、バックの中に鍵がないことに気づきます。バックの中をいくら探しても鍵はみつかりません。どこかに忘れたのかと思い、職場に戻り、思い当たる場所を探します。それでも鍵は出てきません。心なかで「本当にどこいった?」「どうしてないんだ?」と頭の中で考えます。もしかしたら、帰りながらの道で落としたのかと思い、スマホのライトを使いながら探すと、道端に落ちていました。 見つかった瞬間、あることを思い出しました。職場に帰る途中に、私は提出書類のことを思い出し、バックの中を探しました。探している途中で「立ちながらだと探しにくいなぁ」と思い、バックを一旦置き書類を探すことにしました。そのときにバックの中を整理もしていたので、鍵がバックから落ちることに気づきませんでした。私の鍵には鈴がついていたので、立ったままバックから鍵が落ちたらすぐに気づいたかもしれません。 タイミングが悪いというか、なんというかこの何とも言えない気持ちを抱えながら、家に帰りました。見つかったことは嬉しかったのですが、自分自身の不甲斐なさで心がいっぱいになる体験でした。 この体験から、私は物の整理はしっかり行うべきだと学びました。このトラブルはバックの中がしっかり整理できていれば、防げたトラブルです。私は普段から物をあちこちに置いてしまうことが多かったので、この体験をしてからしっかり整理するようになりました。それからというもの、物を落とすことはなくなり、仕事でのミスも激減しました。 自分の中でしっかり意識するだけでも、多くのトラブルは防げることを知りました。

大好きなキーカバーが仇となった話

家の鍵が回らなくなってしまった時の話です。 当時、私は大好きなキャラクターのキーカバーをつけて鍵を使用していました。そのキーカバーは、若干小さかったのですが、どうしても付けたかったので、無理やりはめ込んで使用していたのです。そのせいで、少し鍵の回り方が鈍いかなと感じることもありましたが、特に気にせず毎日を過ごしていました。そして結局、これが鍵のトラブルへと繋がってしまったのです。 ある夏の日、私はスーパーから帰宅して家を開けようとしました。すると、なんと鍵が回らなくなってしまったのです。私は急いで、キーカバーを取り外し、もう一度鍵穴に鍵を差し込みました。しかし、差し込むことは出来ても回すことが出来ないのです。私はとっさにヤバいと感じました。スーパーで買ってきたアイスが溶けると思ったのです。今から、鍵穴の潤滑油を買いに行こうかとも思いましたが、もうそろそろ子供たちが帰宅してくる時間です。いったいどうしたらいいのやらと途方に暮れていると、小学校から息子が帰宅してきました。 そこで、私はネットで調べたある裏ワザを試すことにしたのです。それは、鉛筆の粉を鍵に塗るという方法でした。私は息子のランドセルから筆箱を取り出し、尖っている鉛筆を無造作に折り始めました。本当は、カッターなどで削らなければならないのですが、家の中にしかカッターがなかったので、しょうがありません。細かく砕いた鉛筆の芯を鍵に塗りつけて、もう一度、鍵穴に差し込みます。すると、確かに回りそうな手応えが感じました。そして、何度かこれを繰り返すうちに、ようやく鍵を開けることが出来たのです。 ちなみに、玄関のドアの横には、このドアには潤滑油スプレーなどを使用しないようにと注意書きがされていました。うちの玄関ドアには、鉛筆の芯をパウダー状にしたものを塗り込むといいそうです。ドアによって対処も違うことを、初めてこの時知りました。私は偶然にも、鉛筆で対処が出来たので良かったですが、あの時潤滑油を買いに行ってたら、もしかしたら未だに鍵は開かなかったのかもしれません。この事件以降、大好きなキャラクターのキーカバーは、キーホルダーとして使うことにしました。

財布の中を確認せずに職場の鍵を忘れて出かけた月曜の朝

出勤日の前日は友人の結婚式でした。結婚式用のバックは小さいので出来だけ荷物の量を少なくするために財布も小さいものに変えました。職場の鍵はカードキーでいつも長財布に入れていました。小さい財布に入れ替える際に職場の鍵は必要ないと思い職場のカードキーは長財布にいれたままにしておきました。そして日曜日いそいそと結婚式に出かけました。ホントは結婚式が終わってから、長財布財布に入れ替えないといけないのに中を入れ替えるのが面倒だったので、小さい財布のまま月曜日の朝出勤しました。それが悪かったのでした。その日は出勤する人の中で鍵を持っている人は私一人しかいなかったので鍵を開けなくてはなりませんでした。店舗の前に到着して何気なく、鍵を出そうと財布を見た瞬間でした。もしかして…と思いながら財布の中を見ました。悪い予感が走りました。やはり鍵はない。だから開ける事も出来ない。幸いビルの中にある店舗なのでビルのセキュリティー会社に電話をして名刺を見せることによってどうにか鍵を開けることが出来ました。電話してからセキュリティー会社の方が到着するまで15分ぐらいかかりましたが、その15分の長いこと。不安と反省が入り混じり、確認しなかった私に猛反省を促しました。その日は忙しい日ではなかったので開店準備にも時間がかからなかったのも幸いでした。開店10分前に鍵が開いたというヒヤヒヤ体験はもうコリゴリ。いい勉強になりました。

鍵トラブル 下関

子供に油断して鍵を失くしてしまった

1年程前に家の玄関の鍵のトラブルの体験談です。 その日は日曜日で旦那と子供たちと車で1時間程の場所にある大きな自然公園へ遊びに行っていました。 天気も良かったので軽いピクニックをしようとなり芝生に座ってご飯を食べていました。 その当時息子は1歳で鞄の中身を出したり引っ張りだしたりして遊んだりするのがブームでとても困っていました。 案の定、ピクニックの時も鞄の中身をまき散らされ、遊び始めました。 「遊んじゃ、ダメ」と取り上げて叱ると、息子も反抗して怒ってくるのでしょうがなく、息子に遊ばせる事にしました。 目の届いている範囲なので大丈夫だろうと私も油断してしまっていました。 ご飯も食べ、落ち着いたので公園内を散歩する事にしました。 息子達の機嫌も良くなり、日も暮れてきたので帰ることになり、車に向かいました。 自宅までの道のりを1時間ほどかけて家に帰ります。 私も子供たちも疲れてしまったので車内で眠ってしまいました。 気が付くと自宅に到着しており、家に入る事に。 玄関の前で鞄の中に入っている鍵を探しましたが、一行に見つからず... 私は段々と焦ってきて、その場で鞄の中身を全部出して確認しましたが鍵は鞄に入っていません。 車の中やポケットなどあらゆる所を探しましたが鍵は見つかりません。 もしかして…ご飯を食べている時にあの芝生に落としてきたかも? 私は絶対そうだ。と確信しました。 普段私は専業主婦をしていてほとんど家に居るので旦那は鍵を持っておらず、我が家の鍵は1つだけでした。 旦那に事情を説明し、もう1度1時間かけて公園に戻ってもらいました。 ご飯を食べた芝生に行ってみましたが、鍵は見つからず... 落とし物で届いているかもしれないと思い、公園の事務所へ聞いてみましたが鍵は届いていませんでした。 仕方ないので自宅方面へ戻ることにしました。 ですが、家に入れないのでどうしようと思い、とりあえず大家さんへ連絡することにしました。 幸いな事に大家さんと連絡が取れ、予備の鍵を貸してくださる事になりました。 後日予備の鍵はお返しして、新しく鍵を作りました。 このような体験をしてからこれからは鞄や鍵の管理を徹底的にしようと改めて思った体験でした。

私がカギ対応のトラブルで凄いと思えた業者さんについて

私が、鍵トラブルで凄いと思えた業者さんにつきましては、鍵のレスキューでありました。街の鍵の修理屋さんとしまして、鍵の修理が凄いと思えた内容につきましては、24時間スピード出張をして頂けると言う内容でありました。それは、時間を問わずに24時間対応して頂ける点が素晴らしいと思えるものでありました。全国対応で更に、鍵のついているものであれば、何でも対応して頂ける点が素晴らしいと思えるものでありました。業界ナンバーワンとなります対応実績も素晴らしい内容でありました。通算対応実績については、100万件以上であり、官公庁や有名企業から頼られるサポート度は抜群であると思えました。どんな場所での鍵修理でも対応できる場面としまして、マンション、アパート、一軒家、ビル、店舗、ドア、自動ドア、金庫、車、バイク、ロッカー・デスク、鍵なら何でもOKである姿勢にも感激でした。また、どんな鍵メーカーにも対応して頂ける内容で、更に、鍵複製が難しいといわれているディンプルキーにも対応して頂ける実力は相当のものであると判断できました。鍵修理サービスの流れにつきましても、書かれておりまして、サービスの受け方が一目瞭然であるサイト内容にも感激できました。また、選ばれる理由の一つとしまして、どんな鍵でも分解して修理が可能であると言う内容や、最新鋭である設備と自社開発である工具で、任務を遂行して頂けると言う姿勢にもヤル気と情熱について再確認できました。

小屋の鍵を交換

我が家には、庭に小さな小屋を設けています。 小屋にはガーデニング用品だったり、菜園に必要なものを収納しています。 一応、鍵付きの小屋なのですが、雨や風にさらされていて、経年劣化によるのでしょうか、鍵を開けようと思って鍵穴に鍵を差し込んで回したのですが、鍵穴から抜けなくなってしまいました。 ガチャガチャ回そうとしても回らず、押しても引いてもうんともすんともいいませんでした。 たぶん内部が錆びてしまっているようで、すぐに鍵屋さんに連絡をして状況を説明しました。 すると鍵屋さんの見解として、鍵穴ごと交換する可能性が高いと言われ、出張費を含めて、金銭的な面が大丈夫であれば、訪問しますと言われました。 たしかに、鍵が抜けないから鍵屋さんに出張してもらい、運良く抜けたとして技術料も支払うことになれば、コスパは悪いと思いました。 力自慢の家族でも抜けず、交換することになりましたが、鍵屋さんで無料見積りをとってみたら数万円にもなったため、ホームセンターに相談しました。 すぐに鍵のメーカーを調べてくださり、注文してくれました。 取り付け方法も簡単でしたし、小屋の鍵ですからセキュリティなどは気にしていませんでしたから、鍵がつけられたらそれでよし、DIYでも取り替えることができ、費用もリーズナブルでした。 鍵屋さんに相談するまではよいですが、最終的には費用が問題になるので、DIYでもできるなら、自分たちでやったほうがいいと思います。

鍵を使った犯人

知人はアパート暮らしをしているのですが、年期のあるアパート暮らしです。 しかも、外出する際に鍵をかけるのですが、その鍵を持ち歩くのはしないのが知人のマイルールなようでした。 以前、友人が鍵を紛失した話しを聞いていたらしく、失くさないためには玄関前に置いておくのが良いと考えたみたいです。 それからは、外出するときに玄関に鍵をかけ、その鍵を植木鉢の底に隠して置く生活をしていました。 帰ってきたら、植木鉢の底に隠した鍵を取り出して開けるだけです。 しかしある日、部屋が荒らされていたようです。実況見分が行われたのですが、侵入口は玄関でした。 犯人は堂々と植木鉢に隠していた鍵を使い、侵入し、部屋を物色したそうです。 隣の部屋の住人によって犯人は慌てて逃走したようで、金銭などは奪われてはいませんでした。 しかし、鍵は犯人が持ち去ったようで、見つからず、また、犯人も未だに見つかってはいないようです。 防犯対策として不十分であった鍵の管理、そこを警察の方にも指摘されたようです。 大家さんも風評被害が出ると困るということもあり、コトを大きくすることは無かったものの、玄関の鍵については、大家さんも考えを改めてくれました。 よりセキュリティを意識した機能性の高い鍵に交換し、しっかり保管、管理しているようでした。 玄関のみならず、窓の鍵なども防犯対策用となるタイプに換えてくれたため、今は安心してアパート暮らしができていると聞きました。